少ない荷物で近距離ならトラックのレンタルを

少ない荷物で近距離ならトラックのレンタルを

トラック

少ない荷物で近距離ならトラックのレンタルを

遠くまでの引っ越しではなく割と近距離の移動であり、さらに運び込む荷物が少ないのであれば、トラックをレンタルして自分たちで荷物運びをする方が費用面を抑えることができます。
専門の引っ越し業者へ依頼をするのは簡単ですが、トラックをレンタルしての引っ越しは、体力と協力者さえいればお財布を助けてくれる方法です。
基礎運賃に実費、そしてオプション料金を合計した金額が、引っ越し業者に依頼をしたときの費用になります。
さらにほり下げて引っ越し費用の内訳を調べてみると、ベースとなる基礎運賃というのは、運ぶ荷物の量や時間に移動をする距離などで決定するのが基本です。
つまり移動をする荷物量も少なくて、さらに移動をする距離もできるだけ短距離である方が、引っ越し業者へ依頼をしても費用を安く抑えられます。
とはいえお金をもらって引っ越しサービスを提供するのが専門業者ですから、費用を安く抑えるとしても限界付きです。
どれほど距離が短距離であろうとも、荷物の量を減らしてみたとしても、業者が費用を安くできるのは最低料金として1万5千円くらいになります。

そのため引っ越し先が近くて、さらに運び出す荷物もとても少ないのであれば、トラックをレンタルして自力での引っ越しを実行した方が、断然引っ越しの出費を抑えることは可能です。
特に独身者の一人暮らしなどは、ファミリーとは異なり、さほど荷物量は多くはないというのが一般的ですし、こういう人には車を借りたほうが安く引っ越しができます。
会社の提供をする独身寮や学校の量であれば、家電製品や家具はだいたい備え付けなので、運び出すのは段ボールに詰め込んだ荷物ばかりです。
わざわざ引っ越し業者へ依頼をするまでもなく、自分でトラックを借りて荷台に詰め込んで、近場なら運んで引っ越しを完了できます。
段ボール運びだけであれば、一人でもできる作業ではあるものの、運び出しの見張り番なども考えると、もう一人助とがいるとスムーズです。

お知らせ

一覧

レンタルのトラックならローンを組む必要も無し

少ない荷物で近距離ならトラックのレンタルを

トラックのレンタルを利用するメリット

3ヵ月に1回の点検があるレンタルトラック

たまに活用する場合はトラックレンタルがお勧め